無知からの脱却ぶろぐ!

FXの知識や注目の経済指標などをお届け☆彡

【スポンサーリンク】

テクニカル派かファンダメンタルズ派か。どうやって勉強を進めたらいい?【FX初心者向け】

f:id:amusan_hikikomori:20191114181707p:plain

どうも。有栖川です。

FX初心者の方は、
「テクニカル派でいくか?それともファンダメンタルズ派か?」
「どう勉強を進めたらいいの?!」とお悩みの方も多いと思います。

今回は、初心者向けのテクニカルとファンダメンタルズについての記事です。

 

 

テクニカル分析

f:id:amusan_hikikomori:20191020160749j:plain

すでにご存知かもしれませんが、一応復習として!

テクニカル分析=過去のチャートを分析して、これからの値動きを予測する方法です。

・ローソク足
・移動平均線(SMA、EMA)
・ライン
・ボリンジャーバンド
・RSI
・MACD
・一目均衡表

・・・などなど、数々の分析方法があり、インジケーターを導入する方も多いです。

「トレンドライン抜けたからどうのこうの~~」とか、「日足の100SMAがどうのこうの~~」というのは、このテクニカル分析ですね。(ざっくりすぎてごめんね)

 

 

ファンダメンタルズ分析

f:id:amusan_hikikomori:20191114182310j:plain

ファンダメンタルズ分析=経済指標やニュース、通貨の対象国の経済状況などを参考にして、これからの値動きを予測する方法です。
「通商交渉が上手くいってるから今後はどうのこうの~~」とか「FRBの利下げ観測が高まってるからどうのこうの~~」というのが、ファンダメンタルズ分析ですね。(ざっくりすぎてごめんね)

テクニカル分析よりは、”大きな流れ”を予測するような分析方法です。

 

ちなみにこのブログでは、毎日の経済指標と解説を投稿しています。
トレード前に見たってー!

amusan-fx.hatenablog.com

 

 

どちらを選べばいい?

f:id:amusan_hikikomori:20191023161142j:plain

FXのトレーダーさんの中には、「俺はテクニカル分析派だから、ファンダメンタルズは一切気にしない!」などと極端な方も多くいらっしゃいます。

掲示板やSNSでは、テクニカル分析派vsファンダメンタルズ分析派で論争(?)になってしまうこともたまにあるようです。

 

もちろん、それで継続して勝てているならOK★です!
しかし、テクニカル分析一本だけで継続して勝てている人は、努力や経験を積んでいることはもちろん、とっさの判断力などの反射神経や、才能も備わっていると思います。

・・・果たして、自分にはそんな才能と経験があるのでしょうか?

 

結論を言うと、「自分は凡人だし経験もないな」という自覚があるのであれば、テクニカル・ファンダメンタルズどちらも勉強することをおすすめします。

※私も初心者の頃、「テクニカル分析一本でやるぞ!」と決めて失敗してしまった経験があります。(;´Д`)w

 

とはいえ、どちらも勉強するなんて、初心者にとっては超★絶★大変!ですよね。
そこで、【トレードの期間】に応じて、テクニカルとファンダメンタルズの勉強の比率を考えてみる、という方法をおすすめします。

 

 

スキャルピング

スキャルピング=数秒~数分で取引を行う方法。

スキャルピングの場合は、【テクニカル9:ファンダメンタルズ1】の割合で勉強することをおすすめします。

スキャルピングは超短期的な取引なので、テクニカル分析を主体に勉強することが効果的です。
しかし、ファンダメンタルズを全くもって考慮してない場合、経済指標やニュース、実需的な動きが絡んだ【テクニカル完全無視の荒い動き】に思いっきり翻弄されてしまう可能性があります。

 

具体的には、

テクニカル:複数の手法を勉強&検証。素早い判断が必要なので、素早く分析する練習を繰り返すことも必要だと思います。

ファンダ:「値動きが荒くなりそうな時のトレードを避ける」などという補助として使う。(重要度の高い経済指標の時間、要人発言など)

・・・という勉強方法がおすすめです。
経済指標は、アプリでささっと確認♪程度でいいので見ておきましょう(*´˘`*)
仲値やロンドンフィックス、オプションカットなどの毎日あるイベントも、最低限おさえておきましょう。
※そのうち詳しい記事書きますね。

 

 

デイトレード

デイトレード=数十分~数時間で取引を行う方法。

 

デイトレードの場合は、【テクニカル6:ファンダメンタルズ4】の割合で勉強することをおすすめします。ほとんど半々ですね。
保有時間が長めであれば、5:5や4:6でもいいと思います。

 

具体的には、

テクニカル:注文~決済のポイント決めなど。スキャルピングより時間をかけて判断出来るので、複数の分析方法を組み合わせて、より精度を高めるのも◎。

ファンダ:経済指標や要人発言に加えて、ニュースもトレードと並行して見る。株式や国債等のチャートも見れるようになるとさらに良い!

・・・という勉強方法がおすすめです。


なお、デイトレードの場合、出来るだけ時間帯(東京時間・ロンドン時間・ニューヨーク時間)をまたがないような取引が良いと思います。
「東京時間では上昇していたけど、ロンドン勢が参入してから流れがガラッと変わった」などということはよくありますので・・・。

 

 

スイングトレード

スイングトレード=数日以上保有する長期トレード。

 

スイングトレードの場合は、【テクニカル3:ファンダメンタルズ7】の割合で勉強することをおすすめします。
「スイング=ファンダ!」というイメージを持っている方も多いようですが、4時間足以上の大きな時間足は、テクニカルも効きやすいのでどちらも勉強しておきたいです。

 

具体的には、

大きな方向性をファンダ、細かい注文~決済のポイント決めをテクニカルで分析。

ファンダ:経済指標、要人発言、ニュースは必ずおさえておく。株式、国債、商品(原油や金など)の動きや対象国の経済状況なども把握しておきたい。

・・・という勉強方法がおすすめです。

 

どの取引方法でも、生き残るためには日々の勉強が必要ですね・・・(;´Д`)

 

 

最後に

f:id:amusan_hikikomori:20191022171428j:plain

ちなみに私は、【テクニカル一本のデイトレ】で大失敗したのち、【テクニカル・ファンダメンタルズどちらも勉強してスイングトレード】に切り替えてから上手く行くようになりました。

 

まぁ私の記事含め、情報を鵜呑みにしすぎず自分の勝てる方法をひたすら模索することが大事。
特に、自分とは手法も資産状況も違うであろう人の書き込み(Twitterや5ちゃんねるなど)に翻弄されてしまうのは愚かなことです。

以上!解散!

 

※筆者はFX歴8年で2018年に引退済みです。
「現役感なくなる前に!」と備忘録がてら記事を書いています。

投資・投機はどんな時も自己責任で。
「このブログのせいで損した!」などのクレームは一切受け付けません(*´˘`*)♥