無知からの脱却ぶろぐ!

FXの知識や注目の経済指標などをお届け☆彡

【スポンサーリンク】

簡単!10年債利回り(長期金利)のチャートに注目してみよう!【FX初心者向け】

f:id:amusan_hikikomori:20191129150144p:plain

どうも。有栖川あむです。
今回は「10年債利回り」についてのお話しです。初心者向けです。

 

 

ニュースで良く見る”長期金利”

f:id:amusan_hikikomori:20191114182310j:plain

 FX関連のニュースサイトを見ていると、

「米長期金利が上昇しドル買いが強まった」

「米長期金利の低下を受けドル円下落」

など、”長期金利”という言葉が出てくることが度々ありますよね。

 

初心者の頃の私は思いました。

「長期金利ってなんぞや・・・?(;´Д`)」

 

今回は、そんな疑問を持った初心者向けの記事です。
長期金利のチャートに注目しておくことで、より優位性の高いトレードを行うことができます(*´∀`*)♪

 

 

”長期金利”ってなに?

f:id:amusan_hikikomori:20191106175356j:plain

FXのニュースで言われる”長期金利”は、一般的に「10年債の利回り」を指します。

「米長期金利」=「アメリカの10年債利回り」のことですね。
この「アメリカの10年債利回り」は、ドルの売り買いに影響することが多々あります。

 

じゃあ「10年債利回り」って何?!(゚Д゚≡゚Д゚)
「10年債利回り」は、「発行期間10年の国債の利回り」を差します。

はぁ?!( ゚Д゚)ですよね。w

 

 

国債について

”国債”は、国が発行する債権(借金のようなもの)のことです。
国債を買って満期まで保有していたら、元本+利子を受け取ることができるというものです。

2年債、5年債、10年債、30年債・・・など、年数の種類が複数あります。

最近は、安全性の高い資産運用として「個人向け国債」も人気です。

 

 

利回りについて

”利回り”は、利子も含めた年単位での収益の割合を指します。

そして、10年債の利回りは、”長期金利”の指標としてFX投資家にたいへん注目されています。

【補足】
リスクの高い国(新興国など財政状況が不安定な国)は元本を返してくれないリスクも高いため、国債の利回りが高くなります。
国債についてさらに詳しく知りたい方は・・・ググってくれ!w

 

 

まぁFXをやる上では、

・国ごとにいろんな年数の国債がある

・特に”10年債の利回り”が、長期金利の指標としてFX投資家に注目されている

この2つを、とりあえず覚えておくだけで大丈夫です。(*´∀`*)

 

 

米長期金利とドルの関係

f:id:amusan_hikikomori:20191023161142j:plain

 ドルで取引をする際に必ず見ておきたいのが、「米長期金利(アメリカの10年債利回り)」です。

 

米長期金利とドルは、

・米長期金利が低下→ドルが売られやすくなる

・米長期金利が上昇→ドルが買われやすくなる

という関係があります。

特に、大幅・急激な低下や上昇には影響されやすいです。絶対じゃないけどね。

 

米長期金利には世界中の投資家に注目されているため、”大衆心理”をより掴むためにも、トレードと並行して見ておくことをおすすめします。

テクニカル分析派の方も、より精度の高いトレードを行うために、一つの要素として米長期金利には注目しておきましょう。 

 

また、米長期金利ほど影響力は強くありませんが、取引通貨国の長期金利のチャートもそれぞれ参考までに見ておくといいと思います。

・ポンド→イギリスの10年債利回り

・ユーロ→ドイツの10年債利回り(余裕があれば、フランスなども)

・豪ドル→オーストラリアの10年債利回り

・円→日本の10年債利回り

など。

 

 

長期金利チャートが見れるサイト

私は「Tradingview」を使っています。
見やすいし無料だし使いやすい!おすすめ!(ステマではないよ(;'∀')w)

↓国を選ぶとチャートが開きます。

jp.tradingview.com

まぁ使ってみてごらんよ!
有名なサイトだから、使い方に困った時もググればすぐ解決します。(他人任せ!)

 

 

最後に

世界中の投資家から注目されている、長期金利(10年債利回り)のお話しでした。
見るか見ないかは、あなた次第!おまかせします!

 

ただ、FXでまぁまぁ稼いで引退できた私は、毎日見てました。(偉そう!)

 

以上!解散!

 

※筆者はFX歴8年で2018年に引退済みです。
「現役感なくなる前に!」と備忘録がてら記事を書いています。

投資・投機はどんな時も自己責任で。
「このブログのせいで損した!」などのクレームは一切受け付けません(*´˘`*)♥