無知からの脱却ぶろぐ!

FXの知識や注目の経済指標などをお届け☆彡

「勉強すればするほど負ける」という人はリスクリワードレシオを見直してみよう!【FXコラム】

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

f:id:amusan_hikikomori:20200107173436p:plain

どうも。有栖川あむです。
今回は「勉強すればするほど負ける」という人に向けてのお話しです。FX初心者向けです。

 

 

勉強すればするほど負ける?!

f:id:amusan_hikikomori:20191114182310j:plain

 

FXを始めた方は、経済指標、ニュース、テクニカル分析、いろんなインジケーター、注文方法・・・などなど、勉強をしていろんな知識を取り入れていることと思います。

 

しかし、誰しもがぶつかる壁がありますよね!

それは!

 

「あれ・・・・?勉強すればするほど負けてる!! (((( ;゚Д゚)))」

という現象。

 

 

FXについてたくさん勉強して、手法も研究してトレードしてるのに、勝てない・・・!

むしろ、何も知識がなかった頃の方が勝ててる気がする・・・! (((( ;゚Д゚)))

 

 

そんなことない??私だけ??

私は以前、この壁にぶつかって、長らく苦しんだ経験があります。

そして、どうにかもがいて、そんな状況を打破した経験もあります。

 

 

今回は、「勉強すればするほど負ける」と悩んでいる、FX初心者向けに、私が実際に打破できた経緯をご紹介したいと思います。

 

「そんなこと悩んだことないデース★」という人は、この記事はスルーしてください(*´∀`*)w

 

 

 

本題に入る前に・・・

f:id:amusan_hikikomori:20191023161940j:plain

 

本題に入る前に、知っておいてもらいたいことがあります。

 

過去の記事で、

「FXの世界で勝ち残るためには、リスクリワードレシオと勝率のバランスが大事」

などというお話しをしました。

簡単に言うと、「トータルで勝つ」という考え方です。

 

この”リスクリワードレシオと勝率のバランス”は、私がFXで利益を残していく上で最も重要視していたことでもあります。

ニュースやテクニカル分析等の勉強も大事ですが、”リスクリワードレシオと勝率のバランス”が悪いと、継続して勝ち残るのは難しいです。

 

 

実際に、私も、リスクリワードレシオを知らない・考えたこともない・・という初期の頃は、資金が減る一方でした。 (((( ;゚Д゚)))

 

 

「勝ち残るための土台」として、”リスクリワードレシオと勝率のバランス”は知っておいた方が良い!!!

・・・と、私は思います。

 

amusan-fx.hatenablog.com

 

ここからは、「リスクリワードレシオ」を知っている前提で話しを進めるので、知らない方は↑の記事を読んでから戻ってきて欲しいです(*´▽`*)❀

\忍びねぇな!/

 

 

たまに、「リスクリワードなんて考えたことも無い」ってベテランさんもいるけど、それは一部の天才です。

私たちのような凡人は、資金管理やリスクリワードレシオのバランスをしっかり計画して、血反吐にまみれながら勉強して研究していくしかないのです。(*´﹃`*)

\言い方が怖い!/

 

 

 

リスクリワードレシオで考える「原点回帰」

f:id:amusan_hikikomori:20191218153551j:plain

 

「勉強すればするほど負ける!!!」

「むしろ、何も知識が無かった初期の方が勝ててた!!!」

・・・と思い悩んでいた私。

 

ふと、「原点回帰」してみようと思いました。

 

 

そもそも、なぜFXを始めようと思ったのか?

・・・それは、「簡単」だと思ったから。

 

FXを知ったばかりの頃は、

「ようは、上に行くか下に行くか予想するだけでしょ?簡単じゃん」

と、ハイアンドロー的な考えでトレードを行っていました。

 

利食いと損切りの幅を同じに設定して、決済注文も予め入れる。あとは放置。

まさに、「上か下か」のギャンブル状態。

 

 

f:id:amusan_hikikomori:20200107174954p:plain

利食いと損切りの幅は同じくらいに設定=リスクリワードレシオで言うと、「1」ですね。

 

 

当初は、知識は全くなく、「上か下か予想するだけ」の状態。

かなりギャンブルっぽいやり方ですよね。 (((( ;゚Д゚)))

「上か下か」選んで、あとは決済されるまで放置するだけなので勝率は50%。

勝てたらラッキー!という感じ。

 

・・・これが、私がFXを始めた当初のやり方でした。

\YES!ギャンブラー!/

 

 

しかし、その後、FXを勉強すればするほど、なぜか勝てなくなってしまったのです。 (((( ;゚Д゚)))

 

 

ニュースやテクニカル分析の知識を得た私は、

「アメリカの経済指標悪かったらしい!怖い!利食いしよう!」→利益が小さくなる

「ラインはまだ超えていないから、含み損はもう少し様子見よう」→損失が拡大

などなど、途中で裁量決済することがかなり増えました。

(当時は手法やニュースばかり勉強して、リスクリワードレシオを知りませんでした)

 

知識を上手に使えず、利食いは小さく、損切りは大きく・・・というトレードになってしまっていたのです。(いわゆる”損大利小”)

リスクリワードレシオもどんどん下がっていく・・・。

 

 

 

つまり、一生懸命勉強して知識を手に入れたのに、成果は”ギャンブル以下”!!! (((( ;゚Д゚)))

\そんな悲しいことある?!/

 

 

そんな「勉強すればするほど負ける」状態になってしまった当時の私は、リスクリワードレシオに出会ったのです。

 

 

 

リスクリワードレシオは高ければいいわけじゃない

f:id:amusan_hikikomori:20191127152233j:plain

 

リスクリワードレシオに出会った私。

「トータルで勝つ」という考え方を身につけました。

 

私の場合は、高いリスクリワードが見込めるトレードかどうかを事前に判断してから、ポジションを持つというやり方。

今までは、ポジションを持ってから「どこで利食いしようかな?損切りしようかな?」と悩んでいたので、事前にだいたいの目安を決めておくと、リスクリワードの低いトレードを避けることができます。

 

 

・・・しかし、難しいことに、リスクリワードレシオは「高ければ良い」というものでもありません。(;´Д`)

 

リスクリワードレシオが身の丈に合っていないと、今度は勝率を保つのが難しくなってしまい、”損切り貧乏”を招いてしまうのです。

(例えば、極端ですが、リスクリワードレシオ「10」で利食い100pips、損切り10pipsに設定すると、勝率を保つのは当然難しいですよね。)

 

 

理想のリスクリワードレシオは「3」とも言われますが(理論的にはそうらしい)、それも手法や資金状況によっては、的外れな設定になることもあります。

全員にとっての”理想”の数字はないです。(;´Д`)

 

 

”リスクリワードレシオと勝率のバランス”って難しいよね。

実際には、資金状況や手法、時間帯、保有時間、性格・・・などのバランスも考慮しないといけないし。

難しいのよ・・・!(;´Д`)

 

 

当時の私も、リスクリワードレシオを知ったのはいいものの、どんなトレードをすればいいのか、ものっすごく思い悩みました。

 

 

 

リスクリワードレシオ「1」、勝率50%を原点に!

f:id:amusan_hikikomori:20191022171327j:plain

 

「勉強すればするほど負ける」状態に長期間悩まされた私。

 

考えてみれば、FXを始めたばかりで知識が何もない当初は、ギャンブル感覚でも勝率50%を保てていたのです。

利食いと損切りの幅を同じに設定(リスクリワード1)して、上か下かテキトーに予想するだけだからね!

 

 

そこで私は、

「リスクリワードレシオ1、勝率50%」を原点にして、少しずつ高めていこう!

という結論に達しました。

 

 

 

リスクリワードレシオが「1」だと、勝率50%を保つのは容易いです。(上か下か、テキトーに予想するだけでもいいから)

これが原点。トータルの利益は0です。

 

 

このリスクリワードレシオを少し上げて、「1.3」にしたらどうでしょう?

リスクリワードレシオ「1.3」で勝率50%を保てたら、利益が残ります。

 

 

知識を付けて、勝率を55%に上げることが出来たらどうでしょう?

リスクリワードレシオ「1.3」、勝率55%なら、さらにトータルの利益は増やせます。

 

 

リスクリワードレシオを「1.5」に上げたら、勝率保てそうかな?

 

 

・・・こんな感じで、始めはデモトレードや少額トレードで、探り探りリスクリワードレシオと勝率を上げていき、やっと利益を残せるようになりました。

 

 

個人の資金状況や手法、勝率によって、ベストなリスクリワードは違うので・・・他人のリスクリワードに惑わされず、”探る”ことが大事です。

 

 

私の場合は、最終的には、リスクリワードレシオ「2以上」を意識していました。

※トレード歴が長くなって慣れると裁量決済することも増えましたが、基本的にはポジションを持つ段階で「リスクリワード2以上」を見込めるトレードかどうか計画してからエントリーすることが多かったです。 

 

 

まとめ

・「リスクリワードレシオと勝率のバランス」を知って、トータルで勝つ土台を作ろう。

・リスクリワードレシオは、高すぎると勝率を保てなくなる。個人によってベストは違う。

・どうしても負け続きの人は、「リスクリワードレシオ1、勝率50%」の”原点”を思い出してみよう!少しずつ高めていくと上手くいきやすいよ!(私はそうでした)

 

今日言いたかったことは、この3つです。

 

「勉強すればするほど負ける」と思い悩んでいる方は、

リスクリワードレシオ「1.3~1.5」くらいを目安に、少しずつ探り探りのトレードを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

最後に

人様に伝える記事書くのって、難しい。

ややこしいけど、伝わったかな?

 

もちろん、現状で勝ててる人は、そのまま自分のやり方を貫いてください!(*´˘`*)

今回は、「勉強すればするほど負ける」と感じて悩んでいる方向けの提案記事でした。

 

※注※

なお、私は保有期間長めのトレードをしていたので、スリッページ等はこの記事では考慮していません。

 

 

以上!解散!

 

 

投資・投機はどんな時も自己責任で。
「このブログのせいで損した!」などのクレームは一切受け付けません(*´˘`*)♥